植松 三十里

プロフィール

植松 三十里

名前

植松 三十里 (うえまつ みどり)

生年月日

1954年

現住所

東京都

出身地

静岡市

出身校

東京女子大学文理学部史学科卒

講演希望額

200,000円 〜

講演・執筆テーマ

歴史・小説等

略歴

静岡市出身。昭和52年、東京女子大学史学科卒業後、婦人画報社編集局入社。7年間の在米生活、建築都市デザイン事務所勤務などを経て、フリーランスのライターに。
現在は、「黍の花ゆれる」「千の命」「天璋院と和宮」など歴史小説を中心に執筆多数。
平成14年、「まれびと奇談」で九州さが大衆文学賞佳作入選。平成15年、「桑港にて」で歴史文学賞受賞。平成21年、「群青 日本海軍の礎を築いた男」にて新田次郎文学賞受賞。

関連サイト

公式HP【松の間】

主要な著作等

著作
大奥開城―女たちの幕末双葉文庫2008
群青―日本海軍の礎を築いた男文藝春秋2008
お龍新人物往来社2008
天璋院と和宮PHP文庫2008
女たちの江戸開城双葉社2006
千の命講談社2006
里見八犬伝小学館文庫2005
黍の花ゆれる講談社2005
桑港にて新人物往来社2004