吉田 和明

プロフィール

吉田 和明

名前

吉田 和明 (よしだ かずあき)

生年月日

昭和29年

現住所

東京都豊島区

出身地

千葉県館山市

出身校

東京工業大学社会理工学研究科博士課程

講演希望額

100,000円 〜 (※)

※ 非営利イベント等はご相談に応じます。

講演・執筆テーマ

三島由紀夫、吉本隆明などの近現代文学が中心。社会、思想、時事、近現代史、経済関係についても。

略歴

三島由紀夫、吉本隆明などの近現代文学を中心に著書多数。特に『フォー・ビギナーズ・シリーズ』や『あしたのジョー論』、「伝書鳩シリーズ」など、精力的な新ジャンルを開拓。他に、専門学校講師やセミナー講師、総合評論誌「テーゼ」の主幹。

主要な著作等

著作
『ノアの箱船と伝書鳩―紀元前2348‐47 』平成21年9月社会評論社
『太宰治はミステリアス 』平成20年5月社会評論社
『三億円事件と伝書鳩 1968-69』平成18年12月社会評論社
『文学の滅び方』平成14年7月現代書館
『太宰治というフィクション』平成5年6月パロル舎
『あしたのジョー論』平成4年11月風塵社
『宮沢賢治』(フォー・ビギナーズ・シリーズ)平成4年6月現代書館
『続・吉本隆明論』平成3年2月パロル舎
『芥川龍之介』(フォー・ビギナーズ・シリーズ)平成元年10月現代書館
『太宰治』(フォー・ビギナーズ・シリーズ) 昭和62年11月現代書館
『柳田国男』(フォー・ビギナーズ・シリーズ) 昭和61年11月現代書館
『吉本隆明論』 昭和61年10月パロル舎
『三島由紀夫』(フォー・ビギナーズ・シリーズ) 昭和60年11月現代書館
『吉本隆明』(フォー・ビギナーズ・シリーズ) 昭和60年6月現代書館

連載
「義援金箱」他85本平成7年3月〜10年8月北海道新聞
「存在しないリアリティ」他 54本平成2年9月〜3年9月まで西日本新聞 など

評論・解説
権力亡者相手に痛快な立ち回り平成8年4月北海道新聞
『昭和』という時代に対する検証平成2年10月サンケイ新聞

講演
太宰治『富岳百景』について平成5年6月練馬区文芸サークルみちくさの会主催

その他
総合評論誌『テーゼ』を主宰、発行昭和55年11月創刊7号まで発行元 風涛社
太宰治、田山花袋、志賀直哉、宮沢賢治、芥川龍之介、三島由紀夫、 水上勉、夏目漱石、小林多喜二などについて講演経験あり