曽根原 秀典

プロフィール

曽根原 秀典

名前

曽根原 秀典 (そねはら ひでのり)

生年月日

昭和45年

現住所

埼玉県さいたま市

出身地

埼玉県

出身校

日本社会体育専門学校卒業

職業

研修・講演講師、メンタル・ビジネスコーチ

講演希望額

100,000円 〜

略歴

2004年より、コーチングおよび講演を数多く実施。英と数も多く、個人を対象とした、現代社会における対人ストレスを軽減させ本質的な成長を支援。コミュニケーション能力向上研修講師として活躍中。

講演・執筆テーマ

・コミュニケーション能力向上「ミスコミュニケーションは価値観の衝突」
 どうしてそういう解釈をするのか?どうしてそういう考え方になるのか?言うこと が伝わらない、言っていることが理解できないなど・・・のミスコミュニケーション は多大なストレスです。これは価値観(大切にしているもの、信じているもの)の衝 突で起きています。エニアグラムを学び楽しみながら自分と他者の価値観の違いを体 験し、良質なコミュニケーションにつながります。上司部下間をはじめとする対人関 係すべてに活かせるコミュニケーションスキルです。描画のワークを通じて楽しく学 べます。

・本質的な成長は自己理解がカギ「意識化されていない強み」
 自分で気づいていない強みがあることをご存じでしょうか。エニアグラムを活用し て自己理解を深めることで「意識化できていない強み」「本質的な成長にはどのよう なことに意識をすることが必要か」が明確になります。まずは意識化できていない強 みを人生に活かすことからはじめましょう。描画のワークを通じて楽しく学べます。

・傾聴力、質問力向上研修
 部下のモチベーションを上げる話しの傾聴力、部下が自ら気づき、考え、行動する 質問力を説明、ワークを通じて楽しく学びます。

・結婚前の二人にお互いの本質を理解するエニアグラムセミナー
 結婚を決めた二人が本当に準備すべきことはなんでしょう。何もかもが異なる人間 がライフスタイルを共にすることは大変なことです。
幸せな結婚生活を営んでいくために、エニアグラムを通じて自己理解、相手理解を深 め、違いを理解し良質なコミュニケーションにつなげます。描画のワークを通じて楽 しく学べます。

現在

個人を対象とした、現代社会における対人ストレスを軽減させ本質的な成長を支援
コミュニケーション能力向上研修講師として活躍中

経歴

【株式会社ピーウォッシュ入社(1991年)】
スイミング・スクーバダイビングインストラクター。事業部マネージャーを務める

【有限会社クラフトマックス入社(映像制作会社1999年)】
CS番組で料理番組制作、企業案内ビデオ制作などを担当

【(上記会社)株式会社クラフトマックスに変更(ITベンチャー2001年)】
6球団(横浜ベイスターズ、福岡ダイエーホークス(旧名)、大阪近鉄バファローズ (旧名)、オリックスブルーウェーブ、北海道日本ハムファイターズ、千葉ロッテマ リーンズ)のプロ野球球団オフィシャル携帯サイトを運営。
内、大阪近鉄バファローズ(旧名)、オリックスブルーウェーブのウェブマスターを 経て、同企業で取締役を務める。
部下とのコミュニケーションで悩み苦しんでいる時に、コーチングと出会う。半年間 プロコーチ(師匠となるコーチ)にセッションを受け数々の問題を解決し、コーチン グの素晴らしさに感銘を受け約5年勤めた同社を退職しコーチング業界へ転職。

【株式会社エニアグラムコーチング入社(人材育成コンサルタント企業2004年)】
この会社は、私が半年間コーチングを受けたコーチが取締役社長を務める会社であ る。3年間に渡り師匠の下でエニアグラムコーチングを学習し、公開セミナー・ 企業 研修講師、コーチとして活動する。多種他業種の人事部担当者、リーダー・マネー ジャーの方々と面談し問題解決の支援を実施。

【プロコーチ・研修・講演講師として独立 (2007年)】
個人の本質的成長を支援するコーチングの提供、組織のコミュニケーション力向上 研修・講演講師として活動中。

主な実績

・コーチとしての実績(4年)
コーチングセッション時間:800時間以上
コーチングセッション数:700回 以上

・公開セミナー・企業研修・講演講師実績
講師回数 150回
教授人数 1000名以上

・企業研修講師実績
厚生労働省 (独法) 雇用・能力開発機構 コミュニケーション能力向上研修講師
担当(現在継続中)
財務省 上席クラス (2006〜2008の3年間に渡り年1回計3回研修講師を担当)
三菱マテリアルツールズ株式会社 (管理職研修)
第一生命情報システム株式会社 (管理職研修)
ファミリーマートユニオン (東京・大阪にて合計300名に講演)
その他多数